抽象化レイヤーの陣取りゲーム

Veeva CRMのSalesforce脱却とAWSのソリューション戦略
らんぶる 2022.12.11
読者限定

SaaS業界の大御所Salesforceが今月に入って業界を沸かせている。まずはCo-CEO Bret Taylor氏の退任が先月末に発表された。Taylor氏は新卒Google(Google Mapsのローンチメンバー)→Friendfeed起業→Facebook CTO(Friendfeed買収)→Quip起業→Salesforce CPO(Quip買収)→Salesforce co-CEO(President & COO経由)というピッカピカの経歴の経営者で、創業CEOであるMarc Benioff氏の後継者として期待されていた。しかし前回のBenioff-Block co-CEO体制同様、今回もco-CEOは2年と続かずに終わることとなり、Taylor氏退任のニュースから数日と経たないうちに、今度はSlackの創業者であるStewart Butterfield氏の辞任が発表された。SalesforceによるSlack買収はTaylor氏が主導したとされており、買収完了から一年半のうちに、$28B(≒3,800億円)の大型M&Aの主関係者二人が、ほぼ同時に会社を去ったことになる。TechCrunchいわく、10月にCRMの大量保有を公開したアクティビストファンドStarboard Valueは、Bret Taylorのことを次世代の経営陣として気に入っていたようで、一連のBoxでのプロキシ抗争に続きタイミングの悪さとセンスのなさを露呈する結果となった。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4944文字あります。
  • 16年目の決別 - VeevaとSalesforce
  • AWS乗り換えのメリット
  • AWSのソリューションGTMと抽象化レイヤーの狭間

すでに登録された方はこちらからログイン

Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦②
有料限定
Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦①
有料限定
SaaSの底を探るニューイヤー
読者限定
Okta:クラウド経済の認証システム②
有料限定
Okta:クラウド経済の認証システム①
有料限定
UiPath:ブカレストの友愛、上場への軌跡
有料限定
最新業績報告まとめ:リストラ祭りの裏で②
読者限定
最新業績報告まとめ:リストラ祭りの裏で①
読者限定