Cloudflare:インターネットの運び屋②

金を集め、他社を操り、抽象化のスキマを埋めるインフラ事業の兵法書
らんぶる 2022.05.20
有料限定

前回に引き続きCloudflareについて分析していく。前回記事の開封率は92%と高く(無料記事の平均開封率は〜70%)有料購読者の熱意に感謝している。

前回はCloudflareの成り立ちとその創業社長Matthew Prince氏についてコメントした。今回は本格的にCloudflareの事業内容に迫っていく。

創業から今年で11年。それはレバレッジを効かせまくった11年といっても過言ではない。今回はCloudflareの上場までの軌跡を資金調達、パートナーシップ、製品開発の3つの観点から振り返る。

この記事は有料読者限定です

続きは、8416文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦②
有料限定
Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦①
有料限定
SaaSの底を探るニューイヤー
読者限定
Okta:クラウド経済の認証システム②
有料限定
Okta:クラウド経済の認証システム①
有料限定
抽象化レイヤーの陣取りゲーム
読者限定
UiPath:ブカレストの友愛、上場への軌跡
有料限定
最新業績報告まとめ:リストラ祭りの裏で②
読者限定