SentinelOne:イスラエルからの挑戦状

CrowdStrikeを追うEDR業界二番手に勝機はあるのか?
らんぶる 2022.03.22
読者限定

今回は春分の日の三連休明けということで普段よりは短めの配信となる。

CrowdStrikeを調べていく中で気になったのが、彼らが四半期業績報告の中でしきりに競合企業の名前を出していたことだ。その中でも特に目立ったのがSentinelOneへの言及である。FY2021Q3以降、毎回その名を競合としてあげており、かなり意識していることが伺える。

以下、いくつか引用する(強調は筆者)

Our next customer win is a leading healthcare services organization. It was mission-critical for this customer to select a security partner that was fully compatible with their unique systems and did not impact performance or uptime. McAfee and SentinelOne had to be removed from their environment where it cannot be deployed because of performance and/or interoperability problems. Unlike our competitors, CrowdStrike was able to deploy to thousands of endpoints and servers in just three days without a reboot.
https://www.fool.com/earnings/call-transcripts/2020/12/03/crowdstrike-holdings-inc-crwd-q3-2021-earnings-cal/

ふむふむ…SentinelOneは性能と相互互換性に難ありと…

I'd also like to highlight a win with a large technology company, where we are replacing SentinelOne. This customer was eager to find a true security partner to protect its endpoints, as well as its cloud workloads across both its development and production environments. In addition to efficacy issues, SentinelOne was not a scalable solution, and dramatically degraded performance on the endpoint, causing instability and impacting developer productivity.
https://www.fool.com/earnings/call-transcripts/2021/03/16/crowdstrike-holdings-inc-crwd-q4-2021-earnings-cal/

SentinelOneはスケールしなくて開発者の生産性に悪影響…

We also landed a record number of wins and displacements over a recently public next-gen vendor, SentinelOne. To be clear, we define a displacement as removing an incumbent's product and replacing it with Falcon. Let me share a recent example with one of the largest nonprofit hospital systems in the U.S.
https://www.fool.com/earnings/call-transcripts/2021/12/02/crowdstrike-holdings-inc-crwd-q3-2022-earnings-cal/

置き換え案件の数が過去最高で、たとえば新興ベンダーのSentinelOne…といった風な感じで毎回の如くいかにCrowdStrikeの方がSentinelOneよりも包括的で汎用性が高く性能にも安心感があり圧倒的に優位なソリューションか、アピールしてくるのだ。今まで色々なearnings callを読んできたが、ここまで名指しで上場したばかりの企業を目の敵にするのも珍しい…ということでSentinelOneに興味が湧いた次第だ。

言わずもがなSentinelOneもCrowdStrikeと同じEDRベンダーだ。イスラエルの起業家Tomer Weingartenの3社目のスタートアップで、シリコンバレーの中心Mountain Viewで2013年に創業、ボトムアップな売り方で成長を続け2021年に晴れてNYSEで上場している。ぶっちゃけ製品としてはCrowdStrikeと100%かぶるので、業界に関する説明は前回に譲ることにして、今回は2社の各種指標を比較し、その上でSentinelOneの勝算について考察する。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2994文字あります。
  • 急速に改善しつつある指標…しかし
  • やっぱり強いCrowdStrike
  • SentinelOneの勝算

すでに登録された方はこちらからログイン

Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦②
有料限定
Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦①
有料限定
SaaSの底を探るニューイヤー
読者限定
Okta:クラウド経済の認証システム②
有料限定
Okta:クラウド経済の認証システム①
有料限定
抽象化レイヤーの陣取りゲーム
読者限定
UiPath:ブカレストの友愛、上場への軌跡
有料限定
最新業績報告まとめ:リストラ祭りの裏で②
読者限定