CrowdStrike:サイバー戦争の武器商人②

クラウド時代のプラットフォーム商売の典型
らんぶる 2022.03.14
読者限定

先週に続いてCrowdStrikeについて書く。ちょうど木曜日に最新の四半期営業報告があり、再び市場の期待を上回る結果となった。株価は一週間で20%ほど上がっており、マクロ要因なぞどこ吹く風である(注:筆者は3月8日に少数のCRWD株を買い、3月11日に売却しています。現時点ではポジションはありません)

前回触れたRule of 40の数字はなぜか今回発表されなかったが、データを元に計算すると8年次売上成長率66%+経常利益率19%で85という立派な数字を残している。Magic Numberも1.3で変わらず、これだけ世界がひっくり返る中、営業パイプラインは過去最高でガイダンスも微増となれば、そりゃ株価も上がるわけだ。

今日はそんなCrowdStrikeの製品群とGTMについて分析していく。2022年3月の時点で製品モジュールが21もあるのでその全てを網羅することは難しい。ここではその中核にあるEDR、それを支えるコアの技術であるThreat Graph、最近の主要な買収製品であるHumioに焦点を当てる。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、9141文字あります。
  • EDR:クラウド時代のセキュリティ
  • セキュリティの会社?いえ、データ分析の会社です
  • Humio買収にみるCrowdStrikeの野心
  • チャネルを活かせる八方美人
  • サイバー戦争の武器商人:地政の観点から

すでに登録された方はこちらからログイン

Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦②
有料限定
Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦①
有料限定
SaaSの底を探るニューイヤー
読者限定
Okta:クラウド経済の認証システム②
有料限定
Okta:クラウド経済の認証システム①
有料限定
抽象化レイヤーの陣取りゲーム
読者限定
UiPath:ブカレストの友愛、上場への軌跡
有料限定
最新業績報告まとめ:リストラ祭りの裏で②
読者限定