党大会を終えて:中国特色的SaaSの未来

もうひとつのジジババ大国もコッカラSaaS!
らんぶる 2022.11.03
読者限定

世界中が注目した第20回中国共産党大会も先週土曜日に無事閉幕した。日曜日に発表された新しい常任理事の顔ぶれに市場は驚きを隠せなかったようで、中国テクノロジー株は翌日大幅に下落、実に値動きの激しい一週間となった。

中国筋の間では今後の中国経済に対して悲観的な意見が増えているが、私の中国語は我不讲中文どまりだし、特段政治経済的な知見があるわけでもないので、遠い未来を占うつもりはないのだが、気にならないと言ったら嘘になる。SaaS業界に於いて中国市場はいわゆるXファクターであり、「中国でビジネス展開をするか否か」はどの経営戦略担当も一度は考えるトピックだろう。14億人の人口を有し、インターネット利用者も70%を越え、その95%以上がスマートフォン利用者という世界最大のポストPC社会。政府の国内企業優遇もあり、Baidu, Alibaba, Tencentのインターネット三羽烏は巨大プラットフォームに成長、難しいと言われてきたグローバル進出もByteDanceがTiktokを以って可能であることを証明した。

その一方でSaaSはどうもパッとしない。この辺りに関してはLillian Li氏のメルマガChinese Characteristicsも詳しく分析しているが、米国のテクノロジー企業の時価総額トップ20のうち8社がSaaS企業であるのに対し、中国では一社もランクインしていない。視野を後期未上場まで広げてもAIやEC、ヘルスケアが中心で、SaaSのサの字も見えてこない。

なぜこれだけインターネットが発達した中国でSaaSは出遅れているのだろうか。その原因について、ひとまずボトムアップSaaSとトップダウンSaaSを分けて考察してみたい。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7409文字あります。
  • ボトムアップSaaSの壁:商習慣とスーパーアプリ
  • エンプラ向けSaaSの壁:遅れるクラウド化とデータの重力
  • SaaSの勝算:抽象化レイヤーの間隙・API・OSS

すでに登録された方はこちらからログイン

Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦②
有料限定
Snowflake:優勝請負人の三度目の挑戦①
有料限定
SaaSの底を探るニューイヤー
読者限定
Okta:クラウド経済の認証システム②
有料限定
Okta:クラウド経済の認証システム①
有料限定
抽象化レイヤーの陣取りゲーム
読者限定
UiPath:ブカレストの友愛、上場への軌跡
有料限定
最新業績報告まとめ:リストラ祭りの裏で②
読者限定